どMチキンのロバの穴
腐れ院生の膿出し日記。リンクフリーです。
プロフィール

ショゥショゥ

Author:ショゥショゥ
週5でカレーで毎日リクガメ。深夜ラジオとネット大喜利。目指せ卒業腐れ理系院生だ。夜中に弾き語りして迷惑をかけたりするよ。音楽も大好きなんだ。メンタルの弱さがなんとも母性本能をくすぐるね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
blogpet
mail
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.27_01:46
実験用マウスの死体を片付けながら、ふと頭に昔聞いた先輩のセリフが聞こえてきた。
思い出すというより、ほんとに空耳みたいに聞こえてきた。

「徳次郎が死んじまったぁ………」

何年前か忘れた。昔先輩は、学内でカエルの徳次郎を飼っていた。
徳次郎は、種類は忘れたけど珍しいカエルだ。
ネットで取り寄せて飼っていたみたいだ。

珍しさと滑稽さに皆も興味を持って、結局徳次郎は早死にだった。いじられすぎとストレスだと思う。
自分も含め、生物屋ばっかいるので、愛はあるものの生物学的好奇心から、徳次郎にちょっかい出しすぎたんだと思う。まあそういうのは小学校までにしとけと思いつつ、大の大人が寄ってたかってアホだったなあ。でも、とにかく徳次郎はある意味アイドルだったのだ。

朝にこだました先輩の声は、悲痛で静かで、そんでもって滑稽だった。
なんか、セリフがやたらレトロだった。
「トホホ」と横に書き足したいような言い方だった。

みんなどやどやと寄ってって、その死にショックを受けた。
オモチャを失ったような感覚のあとで、じわじわとなんだか穴があいた。
しばらくして、先輩のトホホが伝わって、うかつにも涙が出た。

今、違う先輩が、違うカエルを飼っている。
名も無く飼われているそいつもまた珍しいカエルだけど、徳次郎ほど愛されてない感じがする。
名前が無いからかなあと思ったりもする。

実験動物と近いポジショニングを感じてしまって、切ない。

どっちが幸せかといえば、犬とか意外の場合、最小限の世話意外しないのがベストなんだと思うんだけど、でも、個体識別がないのは切ない・・・・っていう判断自体人間のエゴだけどね。
正直両生類も爬虫類も魚類も、かまいすぎはストレスのもとだし、清潔に保って放置っつーのが正しいんだよね。

ただなんとなく、どいつがどこの子かもわからないまま、毎週毎週何匹も死体を片づけて、時には自分の手で殺して、なんかそれが年々嫌だなあ~って思ってて、にもかかわらず、仔ネズミは可愛いなあとかエゴにもほどがある感想を持ってしまうときもあって、それで、なんでか知らないけど今日急に徳次郎のことが頭によぎって……もうぐちゃぐちゃですが、そこで俺はふと、
「ああ、うちのポルナレフが死んだら、超泣くだろうなあ俺。」
って思った。
うちの母親まで泣きそうだ。後輩も酒入ってたら泣くだろう。まあ老衰だったら情があるからそりゃ泣くけど、そうじゃなくて、たとえば考えたくないけど、一年もしないでお別れしたとしても凄く悲しいと思うんだ。
もう、他のことは違う亀になっちゃってるからね。そういう差別って、いいな。って、思ったってこと。
誰かに特別扱いされたくて生きてるもんなあ俺…。
それを動物に押しつけるのはエゴだけど。
でも、誰かに特別扱いされたいもんなあ………。

また今日もわけわかんないことを書いてしまった。まとまってねえなあ。
まあ、亀LOVE。
スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://syosyo67.blog73.fc2.com/tb.php/451-e2b025cb
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| 2009.10.29 23:54 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。